デパス、アモバンが向精神薬に指定される!どうなるの?

病院で処方されるお薬 『デパス』、『アモバン』が

2016年10月14日より向精神薬になります。

後発医薬品(ジェネリック医薬品)も対象です。

成分名は、エチゾラム(デパス)、ゾルピデム(アモバン)、

(日本未発売の「フェルナゼパム」も指定されます。)

向精神薬に指定されるとどんなことが起こるのか

『規制』なので、当然今までより不便になります。

今まで乱用されたこともあり、

薬物乱用されないように、規制がかかるため、安心安全は高まります。

今回の『規制』は、『麻薬及び向精神薬取締法』の対象になるということです。

違反すれば法律違反となり、刑罰対象となってしまいますのでお気を付けください。

・投与日数が制限されます。2016/11/1より、処方日数30日までしか病院、クリニックで処方されなくなります。

・海外へ持っていく量も制限されます。

(日本では、出入国の際に携帯できる向精神薬の上限量が薬ごとに決められています。『デパス』などの「エチゾラム」製剤は90mgまで、『アモバン』などの「ゾピクロン」製剤は300mgまでになります。)

*海外では、所持が禁止の国もあります。渡航の際はご確認下さい。

・個人輸入禁止

ネットでの購入はもちろん、海外で購入したものの持ち込みやお土産なども禁止です。

詳しくは、医薬品等の個人輸入について:厚生労働省

医薬品等の個人輸入について|厚生労働省
医薬品等の個人輸入についてについて紹介しています。

をご覧ください。

・譲り受け禁止

家族や知人に渡すことが禁止、罰則があります。

〇薬局の保管方法も変わります。

麻薬及び向精神薬取締法の対象薬になるため、保管管理が大変になります。

医療関係者の中では、薬物乱用の危険性からみて、今まで向精神薬ではないことに疑問のある薬でしたので、やっと指定されたといった感があります。

ただ、これまで処方日数の規制がなかったため、長期でもらわれていた方は不便に感じると思います。

詳しくは処方医、かかりつけ薬剤師にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました