秋は五臓のうちの“肺“の季節
秋に多い症状

空咳 ・ 喘息 ・ 秋バテ(だるさ) ・ 乾燥肌 ・ ねむけ など
秋に多い症状
呼吸器系
秋は呼吸器系に注意が必要な季節です。
秋の乾燥した冷たい空気を吸い込むと肺が弱りやすいんですよね。
喘息の方は実感していると思いますが、冷たい空気を吸い込むと症状が悪化します。
この時期には、マスクをして空気を温めてから吸い込む、という喘息予防をしている方は多いです。
風邪も季節性があり、秋にひく風邪は咳が出やすい。咳は残りやすいので注意が必要です。
そこで、肺を強化する漢方薬を1つご紹介します。
冬虫夏草(とうちゅうかそう)です。
青海冬夏泉(せいかいとうかせん)という商品名で、手軽にとれる液体ドリンクタイプがあります。 スポーツの秋、肺を強化して持久力を上げたいときにも最適。
心臓と肺の強化をしてくれる『麦味参顆粒』も秋に重宝します。
おいしい物をたくさん食べるなら、晶三仙をいっしょに取ると消化を早めて太りにくいですよ。
青海冬夏泉
 
青海冬夏泉
秋によく使われる漢方薬
・咳や喘息に: 肺に潤いを与える漢方薬、潤肺糖しょう、麦門冬湯、麦味参顆粒など
・乾燥性の皮膚のかゆみ: 当帰飲子や体全体の潤いを増やす杞菊地黄丸など

中医学では、未病(病気・症状が出ないように先に対処する)が基本です。
お風呂上りには保湿剤を忘れないように。