日の丸薬局ブログ

愛知県豊橋市、日の丸薬局スタッフのブログです。
漢方薬・健康相談・処方箋・調剤も受付けております。お気軽にご相談ください。

「オーガニック」の話

こんにちは、山本です。

 

最近、というかここ近年でよく耳にするようになった「オーガニック」というワード。

はたしてこれは何を意味するものなのか、というのを今回はお話ししたいと思います。

 

「オーガニック」とは「有機」と同じ意味をあらわす言葉です。

農薬や化学肥料に頼らず、太陽・水・土地・そこに生物など自然の恵みを生かした農林水産業や加工方法を指します。

 

◇ 過去3年以上にわたり無農薬、化学肥料、土壌改良剤などを使用せずに、有機的な手法で栽培されていること。

◇ 人工添加物や保存料は使用しない。

◇ 遺伝子組み換え原材料は使用しない。

などの規定があり、認証されると「有機JASマーク」をつけることができます。

 

 

ではなぜオーガニックが良いとされているのか?

一言でいえば「安全性」です。

正確を期せば、「安全性が高い」「危害リスクが低い」という表記になります。

 

食品の安全は、3つの危害要因(異物などの物理的危害、菌類などの生物的危害、農薬や重金属等による化学的危害)が一定以下に抑えられているときに実現します。

このうち、物理的危害と生物的危害は、食品衛生法の下ですべての食品の安全性が担保されており、オーガニックが特別すぐれているわけではありません。しかし、化学的危害リスクは明確に異なります。

 

田畑で使う資材をはじめ、加工食品の添加物についても、可能な限り化学的なものを排除していますから、化学的危害リスクは一般の食品に比べて極めて低くなっているのです。

 

そうは言っても、オーガニックは「化学物質不検出」を保証するものではありません。

そもそも危害リスクが皆無の食品など存在しません。

あくまでオーガニックと一般食品の化学的危害リスクを比較した場合に「安全」ということです。

 

 

そして最後に、「オーガニック食品は美味しいのか?」という疑問について。

 

オーガニック食品の購入動機に関する消費者調査では、「美味しいから」というのが多い。

また、学校給食の分野では、野菜嫌いの子供がオーガニックなら喜んで食べるという例が数多く報告されています。

よって、一般論としては「オーガニック食品は美味しい」と言えるでしょうが、個々のケースで必ず美味しいかというと、それはなかなか断言するのは難しい問題です。

 

例えば、化学調味料に慣れてしまった舌には、オーガニック食品は物足りなく感じる可能性がありますし、添加物を使用していないので舌触りや歯ごたえなども気になる方もいらっしゃると思います。

 

一ついえることは、オーガニック食品は自然に近い味がする。

素材の味をそのまま楽しめるので、今となっては贅沢なのかもしれませんね。

 

それではまた・・・。

2019年07月13日 | catregory : 健康 | コメント : (0)

手足口病が流行っています。

手足口病が大流行の兆し!!

さあ、イスクラ板らん茶の出番ですよ!

インフルエンザだけじゃない、

すべてのウイルス疾患におすすめの漢方茶です。

 

 

手足口病が流行する気配があります。

7月に入り、愛知県全域で手足口病の警報が発令されました。

そして、豊橋市でも手足口病の患者数が警報レベルとなりました。

 

過去の手足口病警報発令状況は

2011年7月7日

2013年7月18日

2015年8月6日

2017年7月13日

(参照:豊橋市ホームページhttp://www.city.toyohashi.lg.jp/32863.htm/

 

1年おきの警報発令となっていますので、今年は大流行しそうな気がします。十分ご注意してください。

 

 

 

○手足口病とは、どんな病気?

 

夏に流行する急性ウイルス性感染症で、いわゆる夏風邪の1つです。

通常4歳以下のお子さんがかかりますが、大人がかかることもあります。

・種類:急性ウイルス性感染症(風邪のこと)

・潜伏期間:2~5日

・特徴的な症状:口の中、手のひら、足の裏などに2~3mmの水泡性発疹ができます。

・発熱:1/3の患者にみられるが軽度、38度以下のことがほとんど。

・経過:発疹は通常3~7日で消失します。

・注意:ごくまれに髄膜炎や農園を生じることがあり、高熱・嘔吐・頭痛などがある場合は注意が必要です。

 

 

○感染経路

 

・くしゃみや咳で飛び散った飛沫感染

・便に含まれるウイルスによる経口感染 など。

★注意:症状が治まった患者からも2~4週間にわたり便の中にウイルスが排出されます。

 

 

○治療

 

・手足口病には特定の治療法がありません。

・ワクチンはありません。

・症状が現れたら医療機関を受診し、熱や痛みに対する治療(対症療法)となります。

また、脱水症状とならないように水分補給をしっかりします。

 

直接の治療方法がありませんので、予防が最も重要になります。

 

◆感染予防対策

 

1、手洗いをしっかりと行う(特にオムツ交換やトイレの後)

2、感染者との密接な接触やタオルの共用を避ける

3、咳やくしゃみが出る場合は、マスクなどで飛散予防する

 

 

◆漢方的予防、治療

 

ウイルスには、板らん根です。

イスクラ板らん茶のうがいが予防におすすめです。

帰宅したら、すぐに手洗いと板らん茶うがいをしましょう!

 

症状がでてしまっても。この板らん茶でなるべく早くウイルスに対抗しましょう。

 

学校や幼稚園、保育園などへ持っていく いつものお茶に板らん茶を溶かして持たせてあげれば予防になります。

朝のお味噌汁に溶かして服用でもOK。

 

飲み方飲ませ方を工夫してお子さんを予防してあげましょう。

 

万一お子さんがかかってしまっても焦らないように。

上記のとおり、3~7日で症状は治まってきますので、早めに受診して様子を見れば大丈夫ですよ。

感染を広げないように、1か月は便からウイルスが排出することもお忘れなく。

 

参考:

豊橋市ホームページ:http://www.city.toyohashi.lg.jp/32863.htm/

愛知県ホームページ:https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kenkotaisaku/hfmd-20190704.html/

 

 

 

2019年07月8日 | catregory : 健康 | コメント : (0)

トップへ戻る