日の丸薬局ブログ

愛知県豊橋市、日の丸薬局スタッフのブログです。
漢方薬・健康相談・処方箋・調剤も受付けております。お気軽にご相談ください。

漢方 の記事一覧

二川店健康フェア、明日から開催!

こんにちは、Yです。

 

いよいよ明日5月17日(金)から日の丸薬局二川店春の健康フェアが始まります。

4日間すべてご来店いただいても飽きない内容で皆様をお迎えいたします。

 

場所:日の丸薬局 二川店(愛知県豊橋市二川町北裏1-12)

期間:令和元年5月17日(金)~5月20日(月)

電話:0532-41-7411

 

4日間共通イベントは前回お知らせしたので、今回は日替わりイベントをご紹介します。

 

<5月17日(金)>

  • 最新測定機「ヘルスステーションプロウェル2」体験
  • 腸内フローラ&ダイエット相談
  • 物忘れ予防相談
  • ヒノキ肌粧品フェイシャルエステ(要予約)

 

<5月18日(土)>

  • 腸内フローラ&ダイエット相談
  • 漢方つぼマッサージ
  • 補聴器、聴こえの相談
  • ヒノキ肌粧品フェイシャルエステ(要予約)

 

<5月19日(日)>

  • オリーブオイル試食試飲
  • 骨強度測定
  • 自律神経測定
  • 坂元のくろず試飲

 

<5月20日(月)>

  • 認知症予防グッズ体験会
  • 温灸体験
  • 骨強度測定
  • 甘酒試飲会
  • オリーブオイルハンドマッサージ (11:00~16:00)

 

 

各イベントは、オリーブオイルハンドマッサージ以外は10:00~17:00までとなっています。

 

午前中は混雑が予想されますので、午後が狙い目かも!?

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

2019年05月16日 | catregory : お知らせ,健康,健康フェア,日の丸薬局イベント,日の丸薬局二川店,温灸,漢方,糖尿病,血流改善,認知症 | コメント : (0)

花粉症が来てますよー!

暖かくなってきましたね。

春の日差し、ポカポカ陽気にどんどん近づいてきています。

 

 

春と言えば、そう、花粉症です。

気持ちいい季節なのに、鼻が・・・目が・・・。

マスクとティッシュが手放せない。

 

大陸より、PM2.5や黄砂も飛んできて、今年の花粉はかなり細かく粉砕されているようなんです。

だいたい1/10ぐらいにはなっているとのこと。

 

しかし粉砕されても、花粉のアレルギーは消えないとのこと!

大変です、細かくなった花粉は、マスクを通り越し奥まで入り込んで発症してしまうようなんです。しかも1/10になるってことは、1個の花粉が10個に増えてしまうということ・・・。

 

みなさん、ご注意を!!

 

 

漢方中医学的に花粉症状を治療する場合、大きく2タイプに分けられます。

 

①鼻水ダラダラでとまらない、くしゃみ鼻水型

②目のかゆみや腫れ、鼻つまり、呼吸が苦しい 鼻つまり型

です。

①②の症状が合わさったタイプも多くいます。

さらには朝は①、夕方は②って人も。

 

 

①は、冷えが原因。とにかく体を温めて治します。体を冷やす食べ物は厳禁。甘いもの、冷たいものはやめましょう。どんだけ薬を飲んでも効果がでてくれません。

 

②は、目や鼻に炎症が出ている状態。目や鼻を清熱してくれるお薬を使いますが、根本原因は冷えがあります。

なので、生活養生は①と同じです。

 

つまり、症状が違っても、

花粉症は冷えが根本原因となって発症するんです。

冷えのある方が、花粉を吸いこんでアレルギー反応発症!となります。

 

 

そこで、

漢方、中医学的にも、日の丸薬局的にもおすすめな漢方薬

身体を丈夫にして、花粉に強くなる漢方がこれ!

 

 

イスクラ衛益顆粒(えいえきかりゅう)です。

他の花粉症の薬とも機序が違うので併用できます。

効果は、フマキラーからでている顔に直接スプレーする「アレルシャット」という商品のような効果もあると思ってください!

体中のバリア機能を高めて花粉やウイルスを寄せ付けない。

 

さらに入った花粉を早く体外に排出する効果もあるんですよ。

これは手放せない!そして、子供でも飲める味です。(お湯に溶かしてね。)

 

 

それと、花粉症の代表的な漢方薬と言えば、

小青竜湯と葛根湯加センキュウシンイ

病院でも処方されますが、メーカーによって効果が大分違うので一回飲んで効かなかったなんて思わないようにね。

 

 

さらに、もう一回言います。忘れてはいけないこと。

みなさん、体冷えていませんか。

暑がりで薄着をいつもしてるけど、花粉症という方

自覚していないだけかも。

 

 

漢方薬は飲むだけではだめ、

食事・生活習慣も改善して効果が出る薬です。

花粉がなくなる時期まで、がんばりましょう!

 

2019年02月26日 | catregory : 漢方,花粉症 | コメント : (0)

漢方薬は味にも効能がある?

漢方薬と聞いて、真っ先に思い浮かぶ味は

 

まずい、苦い・・・

 

ではないかと。

 

 

実は、甘いもの、すっぱいもの、からいもの、おいしいもの、もあるんですが、基本的にはおいしいものは食事になっているはず。

体調が悪い時に頑張って服用しないといけないから薬なので、まずいが基本であっていると思う。

 

漢方には、五味があり、それぞれに辛い・苦い・甘い・酸っぱい・塩辛い

という味の区分があります。

(どれにも属さない、味のない平という場合もある)

 

この五味、それぞれに効能があるんですよ。

辛いもの食べると、脈が早くなったり汗をかいたりしませんか。

辛い物は、心臓に作用します。

 

苦い物、例えばゴーヤ、夏の暑さを和らげます。体の熱を取ってくれるんです。

 

 

漢方で苦かったら、体の熱を取ってくれているんだな、と思って下さい。

 

たいてい、病気をすると体に悪いものが入り込み熱になっているので、漢方では苦いものが多いですね。

特に皮膚病、アレルギーは体が冷えていても皮膚には熱があるので清熱剤を使います。苦いです。

 

また、子供の病気を治す薬は甘いものになっている。

これにも意味があります。

飲んでくれないと意味がないので、飲みやすい、これが第一。

そして、甘味は脾に入り胃腸を立て直しやすい。

子供は脾胃がまだ未熟で大人のようにいろいろ食べられない、消化吸収がうまくできないために様々な病気になってしまう。

なので、脾胃を丈夫にして病気を改善してあげます。

 

もちろん、胃腸が弱くなっている大人が服用することもできます。

 

こんな感じに、味も重要なんです。

濃い味が好きな方、

化学調味料で味覚が鈍感になっている方、

実はこの味覚異常だけで体の不調に気づきにくく治りにくいので注意しましょうね。

 

 

2018年05月14日 | catregory : 漢方 | コメント : (0)

香りって大事です。

漢方では、香りも重要な役割をしています。

服用するときに鼻から入るニオイも効能としているんです。

 

 

 

香りのあるものは揮発性の成分を含んでいます。

たとえば、紫蘇、陳皮(みかんの皮)、薄荷(ハッカ)など。

 

気を巡らせ、発散させる効果があるので

憂鬱な気分の方や、イライラ解消、頭痛、頭重、風邪などによく使います。

 

食べ物でも、いい匂いがしてきたらお腹がグルグル言いますよね。

カレーなんて特に(私だけ?)

これも体の匂い反応。匂いで胃が動くんです。

 

寝るときに安眠効果のラベンダーなど、アロマの効果も有名ですよね。

かおりで副交感神経が働き、リラックスできるんです。

 

 

布団のお日様のにおい、これもすごく好きです。

 

 

 

漢方は本来、お茶のように煮出してニオイをかぎながら服用する薬です。

最近はエキス剤になっていて、一度煮出した成分を抽出して粉や錠剤にしたものが主流ですが、

効果を高めるためにはこれらをお湯に溶かして元の形にした方がいいんです。

 

 

溶かすのがめんどくさい方、外出先などでは、

服薬するときに白湯(お湯でOK)で服用すれば、口の中で溶けて匂いが口内から鼻に抜けていきます。

この場合はすぐに飲み込まず、口内で溶かすとよいです。

 

 

 

医療用で漢方のニオイがあまりしないメーカーもありますが、これでは効果が弱いんですよね。

 

だから、漢方薬局はメーカーにもこだわる。製法で効果が違ってくるからね。

 

漢方をお湯に溶かすと

苦い、まずい、飲みにくいなんてお声も聞こえてきそうですが、味も効果に影響しています。

これは別の機会にお伝えしますね。

 

香りを重要視する漢方

・頭痛に効果・・・・川芎茶調散、頂調顆粒

・風邪に効果・・・・香蘇散、清香散、葛根湯、桂枝湯など

・気をめぐらす・・・香蘇散、逍遥散

 

などがあります。

 

 

 

 

ところで、

最近の洗剤、柔軟剤、防虫剤、シャンプーなどは香りをつけているものが多い。これにより体調を崩す方が増えている。

特に敏感な子供には使わないでください。

アレルギー体質になりやすいです。

 

 

もちろん、大人でも良くないです。

1日中、服からニオイがする、寝ているときもシーツからニオイがする。

匂いはダイレクトに脳に届くので、体が休まらない、体にとって良いわけがない。

 

体調崩している方、精神的に不安定な方、薬で解決もよいですが、ニオイも気にしてください。強烈なにおいが感じなくなっている方は特に要注意ですよ。

 

嗅覚、味覚など、本来の体の感覚を大切にしましょう。

 

 

2018年01月26日 | catregory : 健康,未分類,漢方 | コメント : (0)

体を芯から温める漢方 婦宝当帰膠

体の血液を増やし、芯から温める代表的な漢方に

イスクラ婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

があります。

 

 

婦人の宝として、生理痛、生理不順など血液不足から起こる症状に効果絶大。

血液不足による冷え性にもおすすめです。

 

婦人の宝の名前を冠していますが、男性でも服用できます。

 

シロップ状の漢方で、味は甘く、黒糖のような味です。

美味しく味付けしてあるわけではありませんが、

漢方が苦手な方でも飲める味ですので、一度お試しください。

(甘いのが苦手な方はだめかもしれませんが・・・)

 

 

子宝漢方としても、安眠漢方としてもおすすめです。

 

 

なんと、Yahoo!Beautyのコラムで婦宝当帰膠が紹介されています。

「朝の時間.jp」の連載コラム「朝美人インタビュー」というページです。

こちらもどうぞ

https://beauty.yahoo.co.jp/lifestyle/articles/821338

 

 

2018年01月20日 | catregory : 不妊症,商品紹介,漢方 | コメント : (0)

トップへ戻る