日の丸薬局ブログ

愛知県豊橋市、日の丸薬局スタッフのブログです。
漢方薬・健康相談・処方箋・調剤も受付けております。お気軽にご相談ください。

漢方 の記事一覧

花粉症漢方

花粉症対策について

 

まず、だれにでもおすすめしたい漢方薬(中成薬)が

イスクラ衛益顆粒(えいえきかりゅう)

です。

中国漢方名:玉屏風散(ぎょくへいふうさん)

と言います。

 

花粉症の方は、マスクなどで花粉を吸いこまない、家に持ち込まないという事はされていると思います。

この吸い込まない、ということが花粉症の症状を緩和するポイントです。

最近では、鼻の周りや顔にスプレーしてバリアを張り、花粉を寄せ付けない商品が出ていますが、そのバリアの力は自分の中にもあるんです。

このバリア力を衛気(えき)と言います。

この衛気を強くする漢方薬が衛益顆粒。

 

 

花粉の侵入経路は口や鼻からだけでなく、目、皮膚

など体の全てで反応します。これはアレルギー反応すべて共通です。

 

花粉症の症状:鼻水が出る、鼻がつまる、くしゃみ、目がかゆい、目の充血以外にも

体がかゆい、呼吸がつらい、なども花粉によるアレルギー症状かもしれません。

 

漢方薬の選び方:

花粉症に対する薬は、予防、症状緩和、根治 とあります。

症状緩和には、小青竜湯、葛根湯加センキュウシンイ、天津感冒片 などがあります。

詳しくは店頭でご相談ください。


 

スギ豆知識:

日本固有種の杉、学名クリプトメリア・ジャポニカ

隠れた日本の財産として日本にのみ生息する植物なんです。

だから、外国ではスギ花粉症がないとのこと。

 

スギ花粉症:

スギ花粉は年々増加傾向にあります。

その理由は、終戦直後より『拡大造林』で植えられたスギが40~50年で花粉を付ける最盛期にあるため。

30年前と比べて飛散量は2~3倍になっているとのこと。

特に東北~関東に植えられているスギは花粉が多くつく品種なので、対策をしっかりしましょう。

 

2017年04月3日 | catregory : 漢方,花粉症 | コメント : (0)

不妊・子宝相談の専門家

日の丸薬局で昨年一番多いご相談、得意としているご相談は

不妊、子宝 相談です。

 

赤ちゃんがほしい、2人目、3人目がほしい という方のアドバイザーとして

日々勉強しています。

 

そんな日の丸薬局は、子宝カウンセラーの会 会員です。

 

子宝カウンセラーの会

www.kodakara-c.com

 

先日は、子宝でおなじみ、たんぽぽ茶ショウキT1の徳潤、野崎利晃先生を講師としてお招きし、

不妊治療の最前線と漢方治療について

日の丸薬局社内勉強会にて講義をしていただきました。

 

社員全員が日々知識の向上と、最新医療などの知識の共有、漢方治療の勉強などなどを

社内勉強会という形で毎月行っております。

得意不得意がありますが、豊橋、三河で漢方と言えば 日の丸薬局と言っていただけるように、

みなさんに安心してご相談いただける薬局を目指しています。

 

 

2016年06月12日 | catregory : 不妊症,健康,漢方 | コメント : (0)

イスクラ冠元顆粒(かんげんかりゅう)キャンペーン

イスクラ冠元顆粒 発売25周年記念

お客様ご愛飲感謝キャンペーン のお知らせです。

 

 

イスクラ冠元顆粒といえば、血液サラサラですね。

瘀血を改善するための漢方薬として開発された中成薬「冠心Ⅱ号方」をもとに作られた、

イスクラ産業さんの日本発オリジナル漢方薬です。

 

瘀血を取り除くことにより血流が良くなり、高血圧傾向の方の頭痛、肩こりを改善してくれるお薬として、25年も愛されています。これは長期服用しても安心安全ということの裏付けにもなりえますね。

 

当店でもご愛飲者多数、効き目がよく、肩こり頭痛などの方に大変喜ばれています。

 

キャンペーン内容は、

イスクラ冠元顆粒 45包または90包 3箱購入でご応募いただけます。

応募期間:2016年3月1日~11月30日(当日消印有効)

応募条件:イスクラ冠元顆粒の箱の裏に貼付されている「流通シール」を切り取り、専用の応募はがきに3枚貼付してポストへ投函、または購入店へお持ちください。

(貼付するのは、JANコードではありません)

 

詳しくは店頭にてご案内しております。

また飲み始めようかな、まだ家にあるな、という場合でも大丈夫です。

ぜひこの機会に、応募してみてください。

2016年04月9日 | catregory : お知らせ,漢方,血流改善,高血圧 | コメント : (0)

ショウキT1たんぽぽ茶ページ!

ショウキT1たんぽぽ茶  http://www.shawkeat-1.com/

ご存知でしょうか。

 

今、巷でたんぽぽ茶が注目されていますが、

今までのたんぽぽ茶とは違うもの

名前は同じでも成分、効能が違うんです。

 

たとえば、今までのタンポポ茶、タンポポコーヒーは、

タンポポの根を使用し、民間療法で産後母乳が出にくい方に使用します。

 

つまり、これを服用すると妊娠しにくい授乳中の状態になるのです。

 

もし、妊娠したい女性が服用していたら、服用しないほうがよいですね。

当店ではもちろん妊娠希望の女性にはおすすめいたしません。

 

 

そして、名前は同じでも違った成分、ショウキT1が入ったたんぽぽ茶

 

こちらは妊娠希望の女性におすすめするお茶です。

たんぽぽの葉から抽出したショウキT1が特許成分。

 

 

ストレスや食事で体に余分なものがたまってしまう方に特に飲んで欲しい、プレミアムなお茶です。

 

もちろん男性にもおすすめです。最近は栄養過多、糖質過多の世の中ですよね。

 

ショウキT1サイトで、一度ご覧になってみてください。

http://www.shawkeat-1.com/

 

 

2016年02月24日 | catregory : 不妊症,健康,漢方,生活習慣病,高コレステロール,高血圧 | コメント : (0)

ビールが夏においしい理由!

「キンキンに冷えたビールでの晩酌が楽しみ」

という声も多いこの時期、

 

ビール、ゴーヤチャンプルー、ピーマンなど、夏のおいしさに

共通の味覚が「苦み」です。

 

 

漢方では、四季それぞれに関係の深い「味」があり、

夏は「苦み」の季節です。

 

苦みは体の熱感を取る働き(清熱作用)があり、

暑さで火照った体を冷まします。

夏に苦みを美味と感じるのはこのためです。

 

 

また、苦みは「心(しん)」に働く味、心は暑さを苦手とし、

苦みによるクールダウンを必要とします。

 

薬で言えば、牛黄や黄連は苦みを持ち、心の熱感を取り除きます。

 

 

一方、秋冬も苦みを摂り続けると、

体を冷やし胃腸不振や下痢につながります。

 

冷たい飲食物ばかりに偏らず、適度な苦みを楽しみながら、

夏を元気にお過ごし下さいね。

 

2015年08月14日 | catregory : 漢方 | コメント : (0)

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >

トップへ戻る